宿泊予約 空室検索

宿泊・朝食guest rooms & breakfast


朝食 - breakfast -

「食の宝庫」新潟なら、“おいしい”は当たり前─

厳選食材とシェフ・料理人の技の妙が堪能できるニューオータニ長岡の朝食ビュッフェ。

越後長岡の朝を彩るのは、厳選した地場食材をふんだんに取り入れた、約60種類を揃える和洋ビュッフェメニュー。地元の伝統料理からホテルの定番料理まで、健康面にも気を配った、バラエティ豊かなメニューをご用意しております。
単品でおいしく頂けるだけでなく、それぞれの料理を組み合わせ次第で、その味のバリエーションは幾重にも広がるのが、当ビュッフェの大きな魅力のひとつ。
食後のコーヒーはテイクアウトフリー。お部屋に戻られても、穏やかな朝の余韻をゆったりとお楽しみいただけます。


和風おすすめ・人気定番メニュー5選

おすすめ:越後長岡名物「栃尾のジャンボあぶらげ」
長岡市東部に位置する栃尾地域の伝統の油揚げ「ジャンボあぶらげ」は、揚げ出し豆腐並みの厚さ。長岡っ子に愛される定番メニューは、その見た目のインパクトとボリュームで、今やその名を全国にとどろかせています。そんな市民の食卓を賑わす逸品を、ぜひレストランで。薬味は長ねぎやかつおぶしが定番ですが、ここは「かぐらなんばんみそ」を選択するのが通好み。
No.1 ふっくらコシヒカリごはん・具だくさんみそ汁
新潟の味覚をてっとり早く味わうには、やはりコシヒカリが一番。当ホテルでは、越後長岡の定番ブランド「ひかり一番地」をチョイス。当ホテルならではの、濃い甘みと、ふっくらした炊き加減を存分にご堪能ください。さらに、その日一番おいしい野菜類を厳選してふんだんに取り入れたみそ汁との2品があれば、越後長岡の朝は万全、といっても過言ではありません。
No.2 古くから愛される「かぐらなんばんみそ」
「神楽南蛮(かぐらなんばん)」─日本に渡来した南蛮の原種に近いと言われる、越後長岡の伝統野菜のひとつ。大型・肉厚なこの南蛮を、みそやみりん等と一緒に煮込めば、地元で昔から愛される万能調味料が完成。程よく熟した赤南蛮の、まろやかな辛さの向こうに広がる奥深い味はシンプルに、コシヒカリごはんやお豆腐などに添えて是非。
No.3 本来の味覚を大事にした「山芋とろろ」
当ホテルが厳選した、100%国産の山芋を使用。これをすり鉢で丹念におろしつつも、食感を大事にすべく、わざと荒目に仕上げています。また元来、ミネラル分を多く含む山芋の特徴を活かし、山芋本来の甘みを味わってもらうため、あえて醤油だけで伸ばしています。かつおぶし、長ねぎ、生姜等の薬味でどうぞ。
No.4 プルルンはじける「おぼろどうふ」
新潟が誇る米や日本酒の命ともいえる「水」は、日本最長の信濃川や、東山連峰からの雪解け水から得られる、純度の高い伏流水がもたらしてくれます。丸大豆100%の豆腐も、その恩恵を受けている地元の重要な食材。おぼろ豆腐ならではの舌触りと水々しさは格別です。
No.5 三位一体の新潟メイド「ピュアエッグ卵かけごはん」
新潟県南西部に位置する糸魚川市の「渡辺鶏園」による鶏卵「ピュアエッグ」は、独自開発の餌と、安全で低ストレスな環境が生み出す、フルーティでさっぱりとした風味。これが、卵かけごはんにピッタリと大好評なのです。さらに、日本海産の焼き干しあご(とびうお)をだしに使用し、5つ星お米マイスターも絶賛の専用しょうゆ「たま飯しょうゆ」をご用意。コシヒカリ、ピュアエッグ、たま飯しょうゆ。オール新潟メイドによる卵かけごはんのテイストは抜群です。

洋風人気定番メニュー5選

No.1 旧海軍が愛した「五十六カレー」
さまざまや料理や菓子にカレー風味を加えるほど、新潟県民はカレーが大好き。県民の間でも注目を集めるのが、このホテルオリジナルカレー。越後長岡出身の旧海軍連合艦隊司令長官・山本五十六に因んで名づけられたこのカレーは、当ホテルシェフが旧海軍で愛された味をベースに、さらに豊富なスパイス、材料を加え、さらっとしたルーに仕上げています。ライスだけでなく、パン類でもお試しあれ。
No.2 とろ~り食感「手作りカスピ海ヨーグルト」
健康を考えてヨーグルトを、とお考えのお客様には、乳酸菌たっぷりのカスピ海ヨーグルトをご提供しております。前日からの仕込みでしっかりと発酵。カスピ海ヨーグルトならではの粘りをご堪能ください。牛乳のコクを残しつつ、ほどよい酸味がお口いっぱいに広がります。ブルーベリージャムやはちみつ等のソースもご用意ありますが、素材の良さを味わい方には、そのままプレーンで。
No.3 旨みは良質の脂「ジューシーベーコン」
ベーコンの焼き加減はさまざまですが、当ホテルは、厳選素材の良質な脂を味わってもらうため、あえてミディアムに仕上げております。カリカリのクリスピータイプとは一味違う、ミディアムならではのジューシーな味わいは格別。ペッパーをさっとひと振りすれば、さらにおいしさは倍増します。クリスピータイプを好む海外の方にも、このミディアムタイプは好評です。
No.4 シェフの技の妙「ふわふわスクランブルエッグ」
「他のホテルにはないふわふわ感」と評価を頂いている、当ホテルのスクランブルエッグ。好評の秘密は、フライパンの絶妙かつ繊細な温度コントロールにあります。ホテルの朝食の定番メニューながら、随所に垣間見られるシェフの巧みな技をお楽しみください。そのまま召し上がる以外にも、五十六カレーのトッピングが、ここ数年のお客様の間のトレンドです。
No.5 ホテル伝統の「手作りフレンチドレッシング」
ニューオータニ長岡の看板メニューであり、開業以来、変わらぬレシピで引き継がれる自慢のドレッシングです。オニオンにビネガー、オイル等のスタンダードな材料がベースながら、独自のレシピに秘められたかくし味が、他店とは違う、幾重にも広がる味の決め手。文字通り、フレンチ系メニューとの相性は抜群です。サラダはもちろん、フランスパンのトッピングソースとしてもお試しください。